2013年12月19日

QP SA58 OSW~vol.1.0

こんばんは シュガートゥです

本日紹介するのは、Quality power(ZL)製 SA58 OSWです。


某道楽さんの画像をイメージw


実銃のSA58は、1950年代から使われている4大アサルトライフル(AK47 FAL G3 M16)の一丁であり
ロングセラーバトルライフルであるFALを、アメリカのDSA社(DS Arms inc.)が改良・近代化(魔改造)したライフルです。

M14→M14 EBRの様な関係ですね。

個人的には、同じFN製かつ7.62mmNATO弾を使う SCAR-Hの従兄弟のお姉さんって感じのイメージです(笑)





DSA社ではオリジナルのFALをコピーしたモデルや、近代化したTacticalモデルやSPR(狙撃銃仕様)等のバリエーションがラインナップされており
その中でも本銃はSA58 OSW(Operational Specialist Weapon 直訳だと作戦専門家の武器?)と呼ばれるモデルです。




かのラリー・ヴィッカーズ氏も出演しているDSA社のPVもあります



PVでは、これでもかと言うほど本銃が登場します。

メーカー曰く、泥や水や砂に漬けても動作するほど信頼性が高く、低反動である・・・・とのことですが・・・・

7.62mm弾でのフルオートは凄まじく、力づくで保持しているようにしか見えませんwww






オプション無の状態です。
7.62mmNATO弾を使う銃にしては短く、スマートなフォルムです。


コンパクトですが、全身金属の塊で鬼の様な剛性を誇り、この状態でも重量は4kg近くあります。
マガジンや各オプションを装着すると5kgに達するでしょう・・・

サバゲーしながら筋トレもできる。一石二鳥なライフルです!!






このQP社製はクラシックアーミー社製をフルコピーしており、作りも踏襲しています。
※先人達によると、若干パーツの寸法が合わないという情報も・・・

コピーではありますが外観・内部共に出来は良好で、一部本家を超えているという声もあるとか・・・?

CA製では入っているDSA社のロゴや刻印がQP製では無いのが少々残念な所ですが、代わりにQRステッカーを貼って誤魔化していますww


この銃は、約2年前、沖縄の某ショップの通販サイトで販売されていたのを見た際に、その外観に一目惚れし、衝動買いした物です。

購入後、調整しようと弄っていた最中に、スパーギアが破損 配線の取り回しがタイトでボロボロになってしまった上に
途中宮城への長期出張を挟んだ為、今まで観賞用と化していましたが、この度 青森出張でようやく復活。

修復に当たって、配線を全て引き直し、スパーギアとベベルギア、HOPパッキンをマルイ製に交換しています。





左側にはコッキングハンドルと、セレクター、スリングスイベル、テイクダウン用のロックレバー(飾り)が配置されています。

基本はFALと同一のレシーバーですが、アッパーにレイルカバーをボルトで直付けしているという 漢 仕様です。





右側には7.62mmを吐き出す ドでかいエジェクションポートが配置されています。





コッキンハンドルを引くとボルトストップがかかり、HOP周りにアクセスができます。

下部のボルトリリースを操作すると、ジャキーン!!と勢い良くボルトが閉鎖されます。





スマートな四面レイルハンドガードで、ナンバリング刻印もきれいに入っています。
スケルトンストックの為に前出し配線ですが、内蔵するスペースが無いので外付バッテリーケースを用いることになります。





内部の極太のアウターバレルとガスチューブがハンドガードとレシーバーを強力に結合し、きしみすら皆無です。

ガスチューブを外せばハンドガード内にリポを仕込むことも可能かもしれません。

撮影では愛読書のredEyesに台になっていただきました。





※redEyesとは、近未来を舞台にSAAというパワードスーツを用いてガチムチの男共がドンパチ殺り合う
萌え要素がほぼ皆無に近い、非常に男臭いミリタリー漫画です(最近若干マイルドになったかな~?)

何を隠そうシュガートゥ 10年以上前から本作の大ファンであります。

この漫画発刊ペースが非常に遅く、約1年に1巻のペースであり、つい先日やっと18巻が発売されました。



ドンガメ「やれやれ・・やっと補給・・・ガアッ!!」
←読めばネタが分かりますw



。。

。。。

。。。。。。。


・・・・大分話が逸れましたので、SA58の紹介に戻りたいと思います(汗



パラトルーパー仕様のスケルトンストックです。

冬場ではひんやりと冷たいので、チークピース替わりににスポンジを巻いてインシュロックで固定しています。





下に押し下げることで折り畳むことが可能です。基部もストックもガッチガチの凄まじい強度で、正に鈍器

素足に落とそうものなら、もれなく骨折でしょう・・・・((((;゚Д゚)))))





続いてマガジンの比較です。

左からSTANAG マガジン、中央がCA製のSA58 1000連(30連)多弾マガジン、右が本体に付属していたSA58 500連(20連)多弾マガジンです。

巨大な1000連に関しては、もはやLMG並の装弾数です。






500連マガジンやパチホロ等のオプションを装着した状態です。
攻撃的な雰囲気をプンプン醸し出しています。





重さはともかく、取り回しは良好です。
とはいえ、これでCQBをしようとはおもいませんが・・・・・(汗)





Micro T-1も乗せてみました。

これはこれでかっこいいですが

やはりゴツい銃にはゴツい光学機器が似合っている気がします





1000連(30連)マガジンを装着するとシルエットが大きく変わり、更に異形のライフルと化します。

ここまで来ると、もはや分隊支援火器ですねw





初速など詳細なスペックは追って記載していきたいと思います。



これが当時円高とはいえ、送料込で2万円代前半と安価に購入できましたが、現在では製造元のQP(ZL)は倒産してしまい流通在庫もほぼ無いようです。
本家CA製が度々再販されているようなので、それを求めるしかないでしょう。


ちなみに、以前紹介した次世代AKのSAWグリップは本商品のグリップを流用していた物です。
現在はSA58の修復に伴い、元に戻しています。










さてさて、先日の日曜日は所属するGFBの年内最終ゲームでした。

青森では数日前から雪が降り続け、フィールドは一面銀世界。

そのような環境の中でも青森各地から14名もの勇士が集まり、雪や寒さを物ともせず、皆さん今シーズンラストゲームを楽しんでいました。

私は無謀にもインナーを着込んだコンシャツ上下AOR2で参加するという暴挙を犯すも(気温的にもカモフラージュ効果的にも)
昼飯を挟むと流石に冷えてきたので、午後からはジャケットを着てプレーしていました。





この日、早速調整したSA58 OSWを持ち込みましたが、試射の段階でHOPが弱いことが判明。
マルイパッキンに交換したので弾道はそれなりに良いものの、0.2gでも20m程度しか直進せず、初速も低めのようでした。

調整していた段階で薄々感じてはいましたが、HOPレバーを押せる範囲が少ないようです。


オフシーズンの間に調整必須ですね。



え?

クリスマス? なにそれおいしいの?



・・・・・・・クリスマスは三沢に出てみようかしら・・・・


To be continued....

  

Posted by シュガートゥ at 20:14Comments(6)SA58 OSW