2014年01月24日

KAC URX3 12.5インチ レイルハンドガード レプリカ


こんばんはシューガトゥです。

今回は、KAC URX3 12.5インチ レイルハンドガード レプリカを紹介したいと思います。












こちらが前回の記事の最後に到着した補給物資の中身。




そのうちの一つはA&K M24用に購入したストックポーチです。
こちらの紹介はまた後の機会にでも





そして、KAC URX3 12.5インチ レイルハンドガード レプリカです。

メーカーは恐らくDYNAC製?でCNC加工でエッジも鋭く、ナイツの刻印もバッチリ入っており、マットブラックで質感も上々です。
レイル本体の他に追加レイル・パネル各種と専用レンチが付属しています。





URX3は、タクトレ等でクリス・コスタ氏が以前使っていたことで有名ですね。(今更感)

最近?の流行で余分なレイルをオミットすることで、スリムで握りやすく、軽量化を達成したレイルです。

トップレイルと、ライトやバイポッドを装着したりして強度が必要な先端だけはレイルが残されており
必要に応じてパネルやレイルを増設することが可能です。


先端のボタンを押しながらレイル内蔵式のフロントサイトが展開できます。

ナイツ社ではこのフロントサイトをオミットしたURX3.1、Key-Modシステムを採用した最新のURX4が販売されてるのこと





URX3インストール前のM4です。
THE M4!というべきスタンダードなスタイルで、シンプルながらかっこいいです。




歴戦をくぐり抜けてきた雰囲気を漂わせるRASとフロントサイトポストですが、共にガタがあるのでURX3に交換しようと思います。





まずは、フロント周りのフロントサイトやRAS・デルタリングを取っ払います





アッパーの基部にレイルを直接締め込んでいきます。
※タイトになるようシールテープを巻いてあります。





GURDERのフレームとは相性が良いのか、ほぼ隙間も無くピッタリ締め込めました。
この後専用のレンチで締め込みガッチリと固定。





同時に購入したNOVESKE印のガスブロックも組み込みます。





特にレイルに干渉することもなく、固定できました。








URX3インストール後。

非常にスマートでかっこいいです。

7インチ~12.5インチと倍近い長さのレイルになりましたが、軽量なこともあり取り回しに影響はありません。

フリーフロートで精度も向上し、コスタ撃ちではありませんが、より前方を握ることで安定したサイティングができそうです。





各種パネルとレイルを装着。

フォアグリップも掴むのもアリ、レイルを掴んでコスタ撃ちもアリ

色々付けてURX3である意味があまりありませんが、キニシナーイ( ̄▽ ̄)





刻印もバッチリっす!!
チラっと覗くガスチューブがいいアクセントになっていますね。







ホロサイトやブースター等のオプションを取り付け、タクトレっぽい雰囲気に

ミドルレンジスナイパーっぽくショートスコープも欲しくなってきますね(´∀`)

4月からのゲームに投入するのが楽しみです!





最後は、正月実家に帰省した際、就職以来久々に引っ張り出して青森に持ってきたD-BOY HK416とのツーショットで締め m9(・∀・)ビシッ!!

H&Kによってより実戦向きに改修された無骨なHK416、民間シューティング寄りのM4A1カスタムと異なる発展を遂げたARですが
どちらも一種の美しさといいますか、機能美を感じる2丁ですね~




ところでタクトレではポピュラーなURX3ですが、実戦部隊で使用された例はあるんでしょうかね?


To be continued....

  

Posted by シュガートゥ at 21:28Comments(0)M4A1

2014年01月19日

マルイ M4A1~vol.1.0


こんばんは シュガートゥです。

今回は、最近入手したスタンダードM4A1を紹介したいと思います。





本銃は、先週のGFBのオークション大会でメンバーのさっさ伍長殿から格安で譲って頂いた物です。

シュガートゥはM16系はD-BOY HK416を所有していますが、HK416は外装を弄る要素が少なく既に完成された感があるので
外装を自由に弄れるノーマルM4系が欲しかったところでした。





以前は伍長殿の愛銃として活躍してた歴戦の銃ですが、次世代M4を購入して以来眠っていたとのこと。

外装には比較的綺麗なGURDERのメタルフレームやERGOグリップ、QDスリングマウント等が組み込まれており、内部もプチ流速仕様とのことでした








早速手持ちのオプションを装着。

シンプルな外観でかっこいいです。





長期間眠っていた銃ですので、メンテナンスしようとグリップを分解したらG&PのM160ターボモーターが入っていました。
詳しいスペックは分かりませんが、これを活かして流速だけでなく、ハイサイに仕上げるのも可能でしょうか




メカボを開けると、後方吸気ピストンヘッドやパカ山クラフトノズル、ボブアップシリンダー、レート高めのスプリングが入っていました。

流速についてはまだ知識不足ですので、下手に弄らずとりあえずシム調整や再グリスアップのみで済ませました。





歴戦を潜り抜けてきただけあってフロント部にも大分使用感があるので、社外のレイルに交換したいと思います。




と、






おや・・・・何やら荷物が・・・?






To be continued....
  
タグ :M4A1

Posted by シュガートゥ at 21:22Comments(2)M4A1

2014年01月16日

2014年 新年の抱負&GFB総会

皆様、遅ればせながら明けましておめでとうございます。シュガートゥです。

2014年もよろしくお願い致します(〃・ω・〃)ノ






巷では最長9連休とも言われる年末年始ですが、いかがお過ごしでしたか?


私はというと、12月27日の本社の仕事納めに出席する為に青森からわざわざ東京へ帰京し、新人や同期と飲み明かし

翌28日には福島の実家に帰って、同級生と飲み会というハードスケジュール。

その他にも、吹雪の中、地元の友達と猪苗代のアルツ磐梯にスノボに行ったりして、それなりに充実していました。








それ以外は、実家で猫と戯れながら食っちゃ寝のグータラ正月で、青森戻った時には3kg程増加していましたが・・↓(; ´)Д(` ;)











そして正月休暇明け、青森での1月11日~13日にかけての3連休もイベントが目白押し!!


11日(土)にはGFBのチームメイトのさっさ伍長殿シャーク氏(仮名)私シュガートゥ
タスクフォースSSSで、青森の野辺地まかど温泉スキー場に雪中偵察(スノボー)に繰り出しました。




↑気合が入るさっさ伍長殿


スゲー雪ww


私達がスキー場に着いた9時頃の段階では雪も強く、正月行った地元のアルツ磐梯と比べると人影もまばらで
ほぼ貸切と言っていい状態であり、悠々と滑ることができました。


お昼頃になると人も増えてきましたが、このスキー場ではスキー教室やクロスカントリースキーが盛んな様で
客の半分はそちらに行くようでした。




まかど温泉スキー場では、晴れれば陸奥湾や下北半島を臨む絶景パノラマが味わえるとのことですが
当日は週末からの寒波の影響で雪が強く、晴れてもこの程度が限界でした。

次回来た時には晴れてることを祈ります。




↑再びさっさ伍長殿w


前の晩から一気に降雪があった為か、ゲレンデの大部分が圧雪されておらず、少々滑り辛いこともありましたが
転倒しても痛くない為、グラトリの練習にはもってこいでしたw

青森にいる間に八甲田山等、色々なスキー場に行ってみたいですね




翌12日(日)には八戸市でGFBの総会が開催され、2013年度の反省会や意見交換が行われました。

その後はお待ちかねのオークション大会










新品・中古のガンやオプションパーツ、装備品等様々な物が激安で出品されました。

ほぼ新品のマルイL96が5000円だったり(AW338を持っているから我慢w)
フルカスタムのA&K MINIMIが12000円
予備マグ3本付きの美品 マルイ G26が4000円だったりと


正直ヤフオクで売れば数倍以上の価格で取引される商品ばかりで、メンバーの皆様の懐のデカさが感じられるオークション大会でしたw





私もMP7※のジャンクとマルイP90、タニオコバUSP、スコープ、コンドルのチェストリグを出品してきました。

※新品のMP7を買う前にジャンク扱いの中古をヤフオクで買ったが、結局新品を買い直したというオチw





私の戦果は以下の通り

マルイ スタンダードM4カスタム 4000円(GURDERのメタルフレーム等内外カスタム済)
BLADE-TECH カイデックス AK マグポーチ×2 500円
マウントリング 200円
トロイ ハイダー 200円
空自 2014年カレンダー 50円

D-BOYのHK416は持っていますが、ノーマルのM4は持っておらず外装・内装カスタム済みで4000円というのは魅力的でした。

伍長殿あざっす!

・・・・ついに俺もM4沼に足を踏み入れてしまうのか!?

青森出張中に銃がどんどん増えていく・・・・(笑)





連休最終日13日には、スノボと同じメンツで永遠の0を鑑賞。





V6 岡田准一扮する 『日本帝国海軍一の臆病者』 ことベテラン零戦乗り 宮部久蔵少尉が、大戦末期に特攻で亡くなった経緯をNEET司法浪人の孫が追っていく という作品です。

私は原作を読んだことはありませんでしたが、優勢な開戦序盤からとことん思慮深く理性的で、横浜に残した妻子の元に生きて帰ることに徹底的に拘る宮部少尉が、戦争末期に教え子達が特攻で散っていく中で徐々に病んでいき、最期には自ら特攻を選ぶ・・・・という結末は、フィクションとはいえども平成生まれの私としては色々と考えさせられる物がありました。


最期の悪魔の如き技量で空母の対空射撃を掻い潜り、米海軍空母に肉薄する岡田准一演じる宮部少尉の気迫に満ちた表情は印象に残っています。

途中、周囲からすすり泣きが聞こえ出しましたが、私の涙腺は辛うじて耐え切りました。

つうか絶対泣かせに来てるだろ山崎貴監督!!

下北の軍港 大湊出身のシャーク氏も感動していましたw





映像面でも空母赤城や零式艦上戦闘機等の空戦の描写も大迫力で、これだけでも一見の価値があると思います。

久々に映画館で観て良かったと思える作品でした。








最後にシュガートゥの2013年を振り返ると、まぁ激動の一年でした。

去年の今頃はメキシコに滞在していた上、帰国した後も残件処理等の仕事で、GWまで忙しい毎日。

やっと落ち着いたと思ったら、突然東京から実家福島を通り越し、遥か本州最北端 青森県への長期出張を命じられ、渋々青森にやって来たものの

GFBの皆様と出会い、サバゲーを始めたことで知り合いも増え、実家以上に不自由で縁もゆかりもない土地でしたが楽しく過ごせました。

冬のオフシーズンの現在も、近所に住むメンバーの方と遊ぶ機会も多く、中々有意義な1年だったと思います。


そして、今年は午年。

来月で24歳になり私も年男です。



今年の夏に青森出張も終わりですが、残り半年弱、スノボーもサバゲーもバンバン楽しみたいと思います。

東京に帰っても、充実した毎日を送れるよう頑張りたいですね。



しっかし、今年は初めから中々リア充しとるでぇ・・・( ´∀`)b


To be continued....


  

Posted by シュガートゥ at 19:50Comments(0)イベント